2019年04月29日

北野映画グラフィックデザイン:中平一史さんインタビュー【後編】




【特別ゲスト】中平一史さん(アートディレクター、グラフィックデザイナー)

【内容】

 ・『龍三と七人の子分たち』タイトルの当初は毛筆案もアイデアも!
 ・親子合作タイトルの可能性もあった『龍三と七人の子分たち』。
 ・タイトル打ち合わせの場に鈴木慶一さんも同席!!
 ・トリスや『殺人狂時代』のデザイナー、柳原良平さんイメージが潜在的にあったかも?
 ・映画の世界で黄色は当たらない??
 ・毛筆だと『七人の侍』を連想してしまう問題。
 ・『アウトレイジ』のタイトルでピンクを使った謎が解明!
 ・女性ウケの悪かったポスターの没アイデア。
 ・『アウトレイジ2』としてのアイデアはあったけども、震災の影響で…。
 ・現場スチールは臨場感を出せる効果がある。
 ・『最終章』のティザーは『スカーフェイス』、本ポスターは『怪獣総進撃』をイメージ?
 ・ラッシュ鑑賞後、自分の気持ちを熱く語った『最終章』。
 ・『最終章』のポスターの土台は80年代の少年ジャンプの表紙?
 ・加藤雅也さんが『BROTHER』のポスターを絶賛。
 ・北野監督の次回作で、もしお声がかかったら??

【リンク】
 株式会社ビーモ https://www.viemo.design/




posted by 座頭一 at 00:00| Comment(0) | ポッドキャスト 2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: