2010年04月01日

「口上」のようなもの

このポッドキャストを運営する座頭一と申します。

まず、私のハンドルネームの由来は一目瞭然だと思いますが、
勝新太郎さんの演じる「座頭市」から来ています。
しかし、そのまま同じ名を使うのは恐れ多いので、
1965年の「座頭市逆手斬り」で藤山寛美さんが偽座頭市を演じたシーンをヒントに
一目でニセモノと分かるよう「市」を「一」に変えることにしました。
活字媒体ならば分かりやすいので、それで良かったのですが、
ポッドキャストだと同じ音なので紛らわしくなってしまい、申し訳ないです…。
今更変えるに変えられない苦しい状態に陥っています。
(まるで、ライムスターの宇多丸さんみたい…)

さて、このポッドキャストについてですが、
以前、仲間内の酒の席で映画の話になり、
観た当時の思い出やトリビアネタで盛り上がったのがキッカケです。
最初、映画評論のポッドキャストを考えたのですが、
私はただの観客なので、プロの評論家の方々のように
作品を解析出来る程の映画の知識が無いですし、
自分の理解力の乏しさが原因で
作品の意図を読み間違えたりする可能性もあるので、それはやめました。

間違いの無いように作り手の方々に取材するのが最良の手段なのですが、
もちろん、一般人が取材出来るようなコネも時間もお金もありません。
取り扱う作品に関して出来るだけ間違いの無いように調査する努力はします。
内容としては、映画を起点にして仲間とバカ話をするだけになるかと思います。

自主制作映画のように、予算も技術も設備も人手も無いですが
根性とアイデアと情熱だけでポッドキャストを作っていく予定です。
バカバカしい話が毎度続きますが、暇つぶしに宜しければ、お付き合い下さい。

なお、このポッドキャストで扱う映画は、作中の登場人物がボンクラか、
ボンクラな観客に支持されている作品を選考基準としています。
posted by 座頭一 at 00:00| ごあいさつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする